自分で物件を探して、見学してというのを繰り返すのは無意味です。優先順位を作って不動産に探してもらいましょう。

不動産は物件を探して提供するもの
Topics
不動産は物件を探して提供するもの

不動産は物件を探して提供するもの

不動産は物件を探して提供するもの
自分で一人暮らしを始めてするときにはどのようにして物件を探せばいいかわからないものです。実際にわたしも探し方がわからずに、自分でいろいろな物件を探してというのを繰り返していました。しかし、これよりもはるかに効率よく探す方法があることを学びました。まず、不動産がなんのためにあるのかを考えましょう。物件を見学に一緒に付き添ってくれるためでしょうか。どのような物件があるのかを説明してもらうためでしょうか。たしかにそれもありますが、一番はお客さんにあった物件を提供するためです。

つまり、賃貸物件などを探すときに自分で探さずに不動産に任せれば良いのです。手順としては、まずその地域の相場や希望する間取りなどを明確にします。それ以外にもこれははずせないという条件があれば、それをリスト化します。絶対にはずせないものと妥協できるものを分けましょう。明確にすることによって、物件を探すときに役立ててもらいます。優先順位のリストができたらそれを不動産に渡してそれに見合う物件を探してもらうのです。あとは、連絡が来るのを待つだけです。希望に合う物件があれば、見学をして自分の目でしっかりと見て契約をするかどうかを決めましょう。

Copyright (C)2014不動産は物件を探して提供するもの.All rights reserved.